img_about04-500x357.png

​代表取締役 赤坂昌一

株式会社ビーオアシスのページをご覧いただき、ありがとうございます。代表取締役の赤坂です。弊社は、浦安市、船橋市周辺地域のシニアの方、障がいを持たれた方々に、介護サービス(訪問介護、訪問看護、デイサービス、居宅介護支援)を提供する会社です。

​私の決意

私は大学卒業後、スポーツ業界のサラリーマンとして働いておりました。独立志向が強く、ゆくゆく何らかの起業をしたいと夢を抱いていたその矢先、大学時代からの親友が急性白血病で他界してしまうという悲しい出来事がありました。

それをきっかけに、私は健康と健康維持の大切さについて考えるようになったのです。それからは、昼は都内のクリニックで働き、夜は整体やリハビリの専門学校へ通いました。その後、就職したクリニック内のデイケアの立ち上げに携わらせていただきました。

しかし、努めて10年経ったものの、『本当に人様の役に立っているのだろうか?』と、なかなかやりがいを見出せていなかった私は、医療や介護業界からは離れよう、と思い始めていました。
ところが、ここで、二つ目の転機が訪れます。

平成13年の夏。私は、都内のとあるデイケア・センターに勤めておりました。
その中の1人のご利用者様が体調を崩して入院。しばらくの間お休みをされていたのです。

 

そんなある日、そのご利用者様の娘さんで、やや知的障害のあるM子さんが、勤務中の私のところへいらして、こう言ったのです。『おかあちゃん、死んじゃった』『死ぬ時にもう一度○○デイケアに行きたい。赤坂さんとリハビリがしたいよって言ってた』・・・
 

その言葉を聞いた私は、M子さんが帰った後、1人ロッカー室に入り、こみあげてくる声を押し殺して泣きました。
実は、この時期、介護とは別の道で生きていこうか?と私は迷っていたのです。

 

しかし、M子さんのこの言葉が、私にこう決心させてくれました。

『自分が思っている以上に、私は必要とされていたんだ。』
『そうだ!この業界で生きて行こう。』『もっともっと人に喜ばれ、お役に立っていけるような仕事をして行こう』と。

 

この年11月19日。100年に一度と言われる、大量の獅子座流星群が冬の夜空を飾りました。
奇しくもこの日は、私の44回目の誕生日でもあったのです。私にとっては、生涯忘れることが
できない年となりました。

​その後、『自分が思い描くサービスを提供する会社を作ろう』と決意し、We want to be oasis for you!(皆様方のオアシスでありたい!)との願いを込め、2003年1月10日、ビーオアシスという会社を誕生させました。